Case2:クラシックカメラ


HOME > Case2:クラシックカメラ

クラシックカメラなど、古いカメラをお持ちの方へ

福岡のゼネラルカメラサービスは、カメラ修理の専門会社です。福岡の地で60年、あらゆるカメラの修理に対応してきました。常のデジタルカメラはもちろん、中古品・クラシック品など全メーカー製品に対応しています。オリンパス、キヤノン、京セラ、シグマ、ニコン、ペンタックス、ポラロイド、ミノルタ、リコー のメーカー修理認定を受けておりますので、「直してほしい!」という品をお持ちの方は、お気軽にご相談ください。 どんなカメラにもできるかぎり対応します。

クラシックカメラの修理

ゼネラルカメラサービスでは、全国各地より、メーカーの保証期限が過ぎてしまった古いカメラや、父や祖父から受け継いだというクラシックカメラなど、さまざまなカメラを修理してきました。他店で断られてしまったことで諦めてしまった方が持ってこられた修理の依頼でも、当店はジャンク品を取り扱っておりますのでご対応できたというケースもございます。 「直して欲しい!」という品がありましたらお気軽にご相談ください。

1.LOMO LC-Aの修理事例をご紹介します。

故障内容としては、『レンズカバー作動不良』『モルトプレーン劣化』という状態で当店までご依頼頂いた事例です。

2.検証

画像(1)にあるように、内部のビスの緩みによってカバーの開閉不良をおこしておりました。
画像(2)のように背蓋のモルトプレーンが劣化してボロボロ・ベタベタしており、画像(3)のように本体側にもへばりついています。

3.検証

レンズカバーを開けてビスを再度締め直します。
劣化したモルトプレーンを清掃・除去し、新しいモルトプレーンに貼り替えます。
レンズカバーを外し、画像(4)のように、かなりのビスが緩んでいたので締め直します。
再度組み付けしたら動作OK(外れているビスもありました)、画像(5)の状態です。 
画像(6)(7)(8)のように、モルトプレーンを貼り替えて綺麗になりました。
動作点検、清掃して完成です。

1.Canon EOS3の修理事例(一眼フィルムカメラ)をご紹介します。

故障内容としては、『スイッチを入れても動かない』『背面右側ボタン部にキズ有り』という状態で当店までご依頼頂いた事例です。

2.検証

当社で検証したところ、(1)(2)の画像にあるように、ぶつけたことにより測距点選択ボタンが破損・陥没しておりました。ボタンが効きっぱなしの状態になっており、シャッターボタンを押しても(3)の画像の表示になって 動かないという現象でした。

3.処置

破損している上カバーを交換します。(4)の画像のように前カバー・上カバーを外します。
新品上カバーに必要な部品を載せ換えて、(5)の画像のように上カバーを交換・取付します。
新品ですので、ボタン周りは画像(6)(7)のように綺麗になり、動作も正常になりました。
画像(8)のようにシャッタースピード・露出精度を計測(必要であれば調整)し、各部の動作点検とファインダー内のゴミ・外観清掃をしました。
画像(9)で完成です。(ミラー・スクリーンも清掃しております。)

光線漏れ

Leica R6 の修理事例をご紹介します。

DSC

・画像(1) 年数の経過により劣化してモルトプレーン(遮光スポンジ・別名パルパス)がボロボロになっています。
この状態で撮影すると光線漏れ(ネガに線が入ったり、プリントに大きな筋が入ったりします)を起こしてしまいます。
・画像(2) 劣化したモルトプレーンを除去・清掃・張り替えたら、ほうらこのとうり。
なんということでしょう!まるで新品のようではありませんか(涙)

シャッター作動不良

ニコン U の修理事例をご紹介します。

シャッター幕破損

・画像シャッター幕破損 カメラを点検してみると、写真のようにシャッター幕に破損がありました。
・画像シャッター組交換分解 シャッター組部品での交換となりますので、写真の前板ユニットまで分解し、シャッター組を交換しました。
・画像シャッター組交換完成 シャッター幕の曲がり、隙間がないこと確認し、シャッタースピード・露出精度など作動点検して完成です。

ハンドグリップのべた付き・ひび割れ

MINOLTA α3-Xiパノラマ  の修理事例をご紹介します。

画像

・ 画像1は修理依頼品です。製造から20年以上経つためハンドグリップのべた付きひび割れが有ります。
・画像2は下カバー、前カバー、裏蓋、上カバーと順番に外し吊り環を、外して不良のハンドグリップを、外した様子です。(外から簡単に交換は、出来ません)
・画像3はべた付いた部分を、清掃し程度の良いジャンク品からハンドグリップを、外し取り付けた状態です。
それから吊り環を、取り付け上カバー、前カバー、裏蓋、下カバーと取り付け組み立て完了です。
・シャッタースピード、露出を、試験機で調整します。
各部点検をして異常なければファインダー清掃外観清掃を、して完成です。(画像4)

最新デジカメからクラシックカメラまで 修理の場合は送料(発送・梱包手数料)として修理代金+1,000円(税抜)のみ! メールは24時間受付中 TEL:092-409-2281 受付時間 9:00~18:00(日・祝日を除く)